Event

イベント

  • 2013年6月25日 第一回SEMATカーネル勉強会 を開催しました。
  • 2013年8月20日 第二回SEMATカーネル勉強会 を開催しました。
  • 2013年9月14日 XP祭り2013(日本XPユーザグループ主催、早稲田大学西早稲田キャンパス)にて、SEMATについてご紹介しました。
  • 2013年10月29日 第三回SEMATカーネル勉強会を開催しました。
  • 2014年7月17日 日本科学技術連盟2014年度SQiP研究会の7月合宿特別講演 「ソフトウェアエンジニアリングと私たちの研究のこれまでとこれから」を実施しました。
  • 2014年11月28日 第四回SEMATカーネル勉強会を開催します。

第四回SEMATカーネル勉強会: 「テーマ: 現場力向上を目指して - SEMATを活用した新チェックリストのご紹介」

本勉強会では、株式会社システム情報 小林 浩 様をお招きして、 SEMATカーネルを現場向けの工程完了チェックリストへと応用する取り組みをご紹介いただきます。 SEMATエッセンス・カーネルは、理論的な枠組みに留まらず、 「現場力」の向上を目指して、 現場において利用・実践されるアクショナブルなものであることが期待されます。 その一端に触れる貴重な機会となりますので、ぜひご参加ください。

日時: 2014年11月28日(金) 19:15-20:30
場所: 早稲田大学西早稲田キャンパス 62W号館 1階 中会議室
参加申し込み: Facebookページのイベントよりお申し込みください。

19:15-20:00 講演
講演者: 小林 浩 氏(株式会社システム情報)
講演タイトル: 現場力向上を目指して - SEMATを活用した新チェックリストのご紹介

講演概要:

多くの企業では、ISOやCMMI等の考え方に沿って標準プロセスを整備・展開した結果、 組織全体としてのリスクや問題への対応能力の改善に関しては一定の成功を収めてきました。 その反面、プロジェクトの現場の能力は、それほど向上していない例みられます。

そこで現場の能力向上のための仕組みを作ることはできないか、 具体的にはプロジェクトの状況を俯瞰し、自分達でリスクや問題に気づいて対応できるよう にするにはどうしたら良いかを考えていたところ、 SEMATが具体的な解決案を与えてくれました。

本講演では、私がSEMATに出会うまでの経緯と、現在作成中のSEMATを活用した 現場向けの新しいチェックリストをご紹介いたします。 当チェックリストは従来の詳細な工程完了チェックリストにSEMATの7つのアルファを関連付けたもので、 詳細なチェックを従来通り実施しながら、プロジェクトの進展と健全性が一目で分かる シンプルなビューを提供することを目指しています。

20:00-20:30 ディスカッション
20:30- その後、適宜懇親会へ(希望状況に応じて)

イベント終了分

第三回SEMATカーネル勉強会: 「テーマ:SEMATを実践しよう」

今回、SEの手法やプラクティス等を共通に記述、対話、理解、発展させるための基盤となるSEMAT Kernelについてあらためてご紹介し, 時間が許せばカードを用いた体験機会を設けたいと思います。ぜひ、皆様お誘いあわせの上ご参加ください。

日時:10月29日(火) 19:00-
場所: 国立情報学研究所(NII) 20階会議室(2009,2010)
http://www.nii.ac.jp/about/access/
共催: SEMAT Japan Chapter, NPO法人トップエスイー教育センター
参加申し込み: Facebookページのイベントよりお申し込みください。

講演1: 19:00〜 SEMATカーネル概要(仮)講演者:鷲崎弘宜(早稲田大学/NII)
講演2: 20:00〜 SEMATカーネルカードを使ったゲーム(仮)
懇親会&ライトニングトーク※: 21:10-22:00

第二回SEMATカーネル勉強会: 「ソフトウェア開発の良いやり方を、皆で共有しよう! - パターンマイニングワークショップ」

前回の勉強会では参加者の悩みや課題を持ち寄り、共有しました。それを受けて今回は、参加者が普段気を付けていること、大切だと思うこと、あるいは成功した体験を持ち寄って、その場でパターンとして発掘し、共有したいと思います。また最後に、先日公開したSEMATアルファカード日本語版を概観し、発掘されたパターンを部分的にでもSEMATカーネルを用いて表現することの可能性を今後検討していくことにつながればと考えています。ぜひご参加ください。

日時: 2013年8月20日(火) 19:30-21:30
主催: SEMAT Japan Chapter
場所: 早稲田大学西早稲田キャンパス 62号館W棟 1階 大会議室
地図: http://www.sci.waseda.ac.jp/access/
参加申し込み: Facebookページのイベントよりお申し込みください。
参加費: 無料

プログラム(予定)

  1. 「ソフトウェア開発の良いやり方を、皆で共有しよう! - パターンマイニングワークショップ」
    ファシリテータ: 鷲崎弘宜(早稲田大学)、川口恭伸(楽天株式会社)
    参考資料: http://www.slideshare.net/hironoriwashizaki/ss-24803994
  2. まとめ、懇親会へ

第一回SEMATカーネル勉強会

SEMAT Japan Chapterのキックオフイベントとして、SEMATカーネル勉強会を開催します。 勉強会では、Japan Chapter Executive CommitteeよりSEMATの趣旨やJapan Chapterの設立の意図を説明させていただきます。 続いて、要求工学の第一人者でSEMATカーネルの解説記事をご執筆されている山本修一郎先生(名古屋大学)より、 SEMATカーネルのご解説をいただきます。 最後に、SEMATに対する各自の期待や、 日頃のソフトウェア開発・ソフトウェアエンジニアリングにまつわる問題を全員参加型で共有するワークショップを実施し、 今後の展望を一緒に探りたいと思います。ぜひご参加ください。 また終了後は適宜、有志で近くのお店にて懇親会を開催させていただければと思います。

SEMAT : Software Engineering Method and Theory(ソフトウェアエンジニアリングの手法と理論)とは、Ivar Jacobsonらにより創設されたソフトウェアエンジニアリングの共通理解に向けた団体および運動です。SEMATカーネルとは、ソフトウェアエンジニアリングの手法やプラクティス等を共通に記述、対話、理解、発展させるための基盤を目指したものです。

日時: 2013年6月25日(火) 19:00-21:00
主催: SEMAT Japan Chapter
協賛: 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所
場所: リクルート住まいカンパニー 24F「セミナールームB」
〒100-6640東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
●JR「東京」駅 八重洲南口より徒歩2分
●東京メトロ銀座線「京橋」駅 7番出口より徒歩4分
●東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」駅 A3出口より徒歩10分
参加申し込み: Facebookページのイベント、もしくは、http://sematj.doorkeeper.jp/events/4164よりお申し込みください。
参加費: 無料

プログラム(予定)

  1. SEMAT Japan Chapter 趣旨・体制紹介: 鷲崎弘宜(早稲田大学)
  2. コミッティメンバーの声明: SEMAT Japan Chapter Executive Committee一同
  3. SEMAT 紹介: 鷲崎弘宜(早稲田大学)ほか
  4. SEMATの基本概念と活用上の留意点: 山本修一郎(名古屋大学)
  5. 期待・問題表明ワークショップ: ファシリテーション 平鍋健児(株式会社チェンジビジョン)、森崎修司(静岡大学)
  6. まとめ、懇親会へ